アマゾンで売っているクリーニング屋さんの毛玉とりブラシって、キレイにとれるの?

アマゾンで人気の毛玉とりブラシ

アマゾンで人気の「コジット毛玉とりブラシ」を買ってみました!

この毛玉とりブラシで毛玉はちゃんととれるのでしょうか?

↓↓↓

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの写真

 

結果!

取れます♪でも、取り方にコツあり!

ユニクロ服・プチプラ服・スーツ・ニット・スウェットなどにおすすめ!

★基本的に、生地の表面の繊維を絡めとる感じで毛玉をとります。

ウール・カシミア素材の生地を使った服には、目だたない脇部分などでお試しして、生地を確認してから使った方がいいでしょう。

普段からのケアは、馬毛などの洋服ブラシがおすすめです。

 

 

実際にユニクロニットで試してみた

毛玉だらけのニットでチャレンジ

実際にユニクロのかなり前のヒートテックセーターで試してみました。

一度ガシガシ洗ってしまった時に縮まなかったので、それ以来ネットに入れてそのまま洗濯機へ投入、、、!

結構というか、、、かなり毛玉が発生しています。

毛玉だらけのタートルネックセーター

もっと近くで見てみると、数多くの毛玉たちが発生しているのが分かります。

ヤバイですね。もうね、捨てるレベル(^^;

↓↓↓

 

毛玉がたくさんできたニットの拡大写真

 

では、毛玉とりブラシをかけていきます!

まずは、大量発生しやすい脇の部分の毛玉取りをしていきます。

動作的に良く動く部分では、繊維がこすれて毛玉になりやすいですよね~。

脇のあたりや腕とわき腹があたってしまう部分は、特に毛玉ができやすくて重要ケアポイントですね!

このユニクロニットでも、毛玉が脇に大量発生しているので早速取っていきます。

毛玉とり前のユニクロセーター

脇の部分の生地にひっかけるようにかけていきます。

初めは、ブラッシングの仕方が合っているのかどうかも分からず、

方向をいろいろ変えながら奮闘、毛玉取りすること3分、、、!

毛玉とりブラシをかけている写真

 

毛玉とりブラシをかけた結果

脇の部分に毛玉とりブラシをかけた結果はコチラです。

↓↓↓

毛玉とりブラシをかけた後

毛玉はすっかりきれいに取れました!

写真の写し方がうまくないので、まだモサモサと毛玉がありそう?という印象ですが、キレイに毛玉たちは除去できました。

ニットなので繊維が長く毛玉が取りにくい感じですが、ブラシの毛足とニットの毛玉繊維をひっかけながらブラッシングしていくと、ちゃんと取れました。

きつめにブラッシングし続けると、ニット繊維がモサモサとしてきてしまうので要注意!

かなりの毛玉だらけだし、繊維もくたびれた感じで、もう着れないよなーと思っていた、捨てる予定だったニット。

手作業なので、ニットは毛足が長く引っかかりが強いのと毛玉数が多いので結構疲れましたが、、、きれいに毛玉が取れました。

外で着ても、全く恥かしくないくらいにキレイによみがえりました!毛玉ブラシ、おすすめです♪

 

キレイにとるために★ブラッシングの仕方

生地表面をなでるだけだと毛玉はほぼ取れません。

無理に強くこすっても生地を傷めてしまうので要注意です。

毛玉をきれいにとるためには、ブラッシングの仕方は重要です。

基本的なブラッシングの仕方は、、、

まずは、服の生地の方向を見てくださいね。

毛玉とりブラシで掛ける方向を決める

縦編み方向なら縦にブラシをかけましょう。

横方向ならブラシを横にかけます。

縦横に編まれていて分かりにくいニット・スウェット等は、どちらでもいいと思います。

このユニクロニットの場合は、縦ラインの編みだったので縦にブラッシングしていきます。

毛玉とりブラシを縦にかける

写真では、分かりやすい?ように縦にしましたが、

ブラッシングする際には、生地の編み方向とブラッシングの方向だけ合わせて作業しやすいように移動してくださいね。

毛玉たちをブラシの毛足をひっかける感じで当てて、クルっとブラシを回転させる感じで取っていきます。

出来て新しめの毛玉であれば、毛玉繊維を寄せ集める感じで、生地表面を滑らすようにブラッシングしても取れると思います。

毛玉とりブラシを生地にあてる

ニットの場合は、毛玉をブラシに引っ掛けたらすぐにブラシを回転させて上に引きはがす?感じで取っていきます。

長年放置し続けた毛玉をとる場合は、カンタンには取れないです。

でも絶対にきれいになります。

古いガンコな毛玉とりのコツ

長年放置し続けた古い毛玉は、、、

繊維下部に埋もれた感じになっており、複雑に繊維同士が絡み合っています。

毛玉のある生地表面を短くブラッシングを繰り返すことで「絡み合った毛玉を生地表面に浮き上がらせてくる」そんなイメージでブラッシングします。

この古い毛玉の場合だけは、繊維方向関係なく縦横にブラッシングしていきます。

生地によりますが、強めにブラッシングもします。

毛玉を上に引き出すように強めにブラッシングして、方向を変えて、軽く毛玉繊維をゆるめる感じで生地表面を滑らせるようにブラッシングもします。(毛玉を浮き上がらせる作業)

同じ場所を同じ方向でやり続けると生地が傷むので、縦横に強弱つけてブラッシングを繰り返すことがポイントです。

それを繰り返していると、毛玉が浮いてきたり、動いてきます。

そうなればしめたもの!

自然と毛玉とりブラシに毛玉が絡んできてキレイになっていきます。

スウェットでもニットでも、ひどい毛玉が生地にきつくしがみついている場合のブラッシングは、まずは一旦繊維方向は気にせずに、縦横にブラッシングすることと、強めにブラッシングしたり、軽く浮き上がらせるようにブラッシングするなどし、それを何度も根気よくブラッシングしていく事で、ガンコな毛玉もきれいにとれます。

 

毛玉とりブラシを毛玉にひっかける

下記は、クリーニング屋さんの毛玉とりブラシについていた説明書です。

基本のブラッシングは、参考にしてください♪

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ説明書

 

素材によってブラッシングの仕方を変える

 

毛足の長いニット、毛足の短い繊維生地のスウェットなど

生地によってブラッシングの仕方は変わります。

 

毛足の長めな毛糸ニット素材などは、毛玉にブラシの毛足を引っ掛けるようにして

むしり取るような感じ?!(^^;、、、でも優しくブラッシングしてください。

「にっくき毛玉め!何が何でも取ってやろう!」と思いすぎてはいけません。

感情の高まりの末、あまりにも強く引っ掛けてブラッシングすると、生地がケバケバ!モサモサ!っとなってしまうので要注意!

毛玉とりは、あなたの心の現われです。

毛玉とりの前に正座し、一度冷静に心を落ち着けてから始めましょう。

精神統一し、生地をしっかり片手で抑えたら、落ち着いて優しく、

何度かブラッシングを繰り返していきましょう。

焦ってはいけません。

毛玉を浮き上がらせるイメージでブラッシングしていくと、毛玉の方からとられていきます。

ぜひ、毛玉とりブラシで精神育成してください。

ハマって抜け出せない人(特に旦那さん)増殖中です。

また、毛玉とりは家庭を円満にします。

「あなたしかこれができる人はいないの!あなたの毛玉とりは最高!」とおだてて、ぜひ旦那さんに手伝ってもらうのもおすすめです。

きっと、声をかけるまで延々とやってくれるでしょう。

箱にある毛玉とり説明書はコチラ♪

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの毛玉とりのコツ

ニットの毛玉とり★毛足の長い繊維の場合

毛足の長い繊維の場合は、上記でも説明しましたが

毛玉にブラシの毛足をひっかける感じでとっていきます。

首回り、お腹あたりのニット部分にブラッシングした後の写真です。

↓↓↓

毛玉とりブラシでキレイになったユニクロニット

こちらは、毛玉をとる前です。

毛玉がたくさんできたニットの拡大写真

全体的にもっさりと毛玉たちが群生していたのですが、すっかりきれいになりました。

ちなみに、ブラッシングすると繊維を絡めとるかんじになるので、ニットの場合、こんなにモサモサ繊維と毛玉たちが取れました。

毛玉とりブラシでとれた繊維

下記は、1着のメンズニットをブラッシングして取れた量です。

↓↓↓

毛玉とりブラシで1着ニットからとれた毛玉繊維

結構な繊維が取れました。

日常着なら問題ないと思いますが、カシミヤ・ウール100%の素材などの衣類では、一度目立たない部分でブラッシングしてみて、生地の状態を確認してからの方がいいかもしれません。

 

 

スウェットの毛玉とり★毛足の短い繊維の場合

毛足の短い生地・スウェットなどは、

ニット素材の時とは違い、髪をとかすように生地を滑らしブラッシングする感じか、または軽くこするようなイメージでブラッシングするととれると思います。

子供さんの髪をとかしてあげる母のような気持ちで、服も優しくブラッシングしてあげて下さい。

ちなみに、下記は、、、最高に毛玉が発生していた同居人のパーカーです。

これを着ているのかと思う程の毛玉群です。

毛玉だらけのパーカー

こちらの毛玉だらけのスウェットをブラッシングしていきましょう。

毛玉とりブラシで、「軽くこする」「シャッシャッと短くかきとるように」、時には「なでる」ようにブラッシングしたところ、、、こうなりました。

毛玉とりしたスウェットパーカー

まだ、白く細かい繊維がありますが、かなりキレイになりました!

スウェットパーカーの毛玉とりで出た繊維

上記の黒いスウェットパーカーの毛玉とりで出た繊維の塊はこれくらいです。

多少繊維を削った感がありますが、黒いスウェットパーカーは新しく蘇りました♪

毛玉とりブラシの掃除

ちなみに、この毛玉とりブラシについた毛玉繊維は、この道具で掃除できます。

 

毛玉とりブラシを掃除するアイテム

 

毛玉とりブラシの間をかきだすようにして掃除します。

手でもとれますが、ブラシ毛に繊維が絡み合っているのでこの道具を使った方が賢明です。

毛玉とりブラシの掃除

 

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの中身

今回、大量の毛玉が気になったので、

翌日配達で届くアマゾンで「クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ」を購入しました。

(※余談ですが、Amazonのプライム会員だと翌日配送無料なので「欲しい!」と思ったら、

すぐ届けてもらえるのは最高ですよね。宅配便さんにも感謝!)

実際の商品内容は、こんな感じです。

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

毛玉とりブラシと

毛玉とりブラシについた毛玉繊維を取り除くための小さな道具が付いています。

毛玉とりブラシを掃除するアイテム

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ、謂れ

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ開発者

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ「取れますよ」の紹介

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの毛玉の取れ方

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの注意書き

(※毛はイノシシの毛だそうです。剛毛でしっかりしています。)

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシの注意書き

 

毛玉があるとみすぼらしい印象に!?

 

そもそも、ユニクロ大好きなんですが、服によっては毛玉がスゴイこと

になっちゃうんですよね、、、、!!

毛玉が発生しているだけで、見た目がすごくみすぼらしいというか貧乏臭い印象になってしまうので、本当にこれだけは発生しないでほしいのですが、、、。

パーカー・ニット・タイツにいたるまで、長く使っていても大丈夫なものと、1日使っただけで「え、、、!やばくないコレ?」状態になるものまで、サマザマ!

毛玉だらけのパーカー

カシミアやウール100%素材の上質な服も、この毛玉が発生するだけで

かなりしなびた服に見えてしまうので、これだけはケアしないといけません。

家の中で着るようなお下がりランクの服になったらともかく、

会社に来ていく服なら、もう絶対にケアが必要です!

オフィスでの印象が悪くなっちゃいますから、

ソッコーでケアしてあげましょう!

▼購入はこちらから♪すぐ届くので便利です♪▼

 

普段からの手入れをしよう

 

また、普段から馬毛のブラシを使って毛玉予防するといいですね。

天然のコシのある毛なので、ブラッシングしても生地を傷めにくいですし、

コートなどの毛足を整えながら細かい埃などを落とせます。

ウールコート、カシミヤセーター、ニット、

少し毛羽立った洋服等の衣類に使用できます。

毛並みにそってブラッシングすると光沢がよみがえります。

 

できれば、毛玉が発生してしまった後に大変な思いをするより

玄関に馬毛などのブラシを用意しておいて

外出から帰宅したらササっと軽くブラッシング出来ればいいですね。

服も良い状態が保てるので心掛けたいですね。

 

 ブラシと毛玉取り器、どちらがいいの? 

毛玉とりブラシを購入する前に、毛玉取り器と迷いました。

調べてみると、電動式は音がうるさいのと、

カシミヤなどに使うには勇気が必要、

あまり毛玉がとれないという口コミもあった事と

電動の毛玉取りでは生地を巻き込み穴を開けてしまう事があった、

という口コミが多かったので、今回は購入はやめておきました。

毛玉取り器を使ってみた友人に聞くと、電池式なのでパワフルだけど

穴が大きいタイプだと生地をわずかながらにも巻き込んでしまい

破れてしまうこともあるそう、、、。

逆に穴が小さいタイプだと、毛玉がきれいに取れない、とのことでした。

でも、毛玉とりブラシと次回比較したいと思います。

毛玉取り器できれいに取れる人がいれば、アドバイスください(^^;

ではでは!